本文へ移動

研究開発

研究開発

素形材加工技術は、川下産業ニーズの多様化や競合技術の進展に対処し、またIT技術等の進歩、環境・省エネルギー対策の要請に対応するために、高度化・先端化を目指す必要があります。当センターでは、このような観点に立って、素形材産業の技術力の向上及び健全な発展を図るため、産学官の連携を通じて素形材技術等に関する動向調査、研究開発を実施しています。
 
令和3年度に実施している研究開発および調査事業は、以下の通りです。なお、これまでの主な実施事業については、「過去の研究開発事業」や「過去の調査事業」からご覧いただけます。

【研究開発事業】  戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン)

鋳鉄製品の不良低減と被削性を向上させるIoT/AIキュポラ溶解制御システムの開発

事業期間
2020~2021年度(令和2~3年度)
※2022年度は中間評価後継続決定
補助元
中部経済産業局
実施機関
一般財団法人素形材センター
間接補助:株式会社マツバラ、株式会社ナニワ炉機研究所、光洋鋳造株式会社、国立大学法人東京大学、岐阜県産業技術総合センター
実施概要
自動車関連等川下産業ではグローバルな競争に勝つため、鋳鉄鋳物製品に対しコストダウンを強く望んでいる。鋳鉄鋳物の切削工程まで含めたコストダウンには、不良の低減及び被削性の向上は不可欠である。本研究は職人の経験と勘をIoT/AIに置き換え、溶湯の品質の向上と鋳鉄製品の被削性を向上させるための「キュポラ溶解エキスパートシステム」を開発し日本製品の品質向上とトータルコストダウンに役立てる。

【調査事業】

プレス加工におけるデジタルトランスフォーメーションに関する戦略策定

事業期間
2021年度(令和3年度)
委託元
一般財団法人機械システム振興協会
実施概要
概要は、(一財)機械システム振興協会HPに掲載しています。
一般財団法人素形材センター
〒105-0011
東京都港区芝公園3-5-8機械振興会館301号室
TEL.03-3434-3907
FAX.03-3434-3698
TOPへ戻る